Laravel7 DBクラスを利用して、DBと接続してテーブルの値を表示する

Laravel7 DBクラスを利用して、DBと接続してテーブルの値を表示する

Laravelでデータベースを利用する時に使用するクラス「DBクラス」の簡単な使い方を記述してます。ここでは、事前にテーブルを作成してレコードを表示するまでのサンプルコードを記述してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Composer 1.10.5
  • PHP 7.4.5
  • MariaDB 10.4.12
  • Laravel Framework 7.6.2

※windows10に Laravel のインストールはこちら
※windows10に Composer のインストールはこちら
※windows10に PHP のインストールはこちら
※windows10に MariaDB のインストールはこちら

テーブル作成

接続するDBにテーブルを作成しておきます。
ここではitemsテーブルというテーブルを作成してます。

適当なデータも作成しておきます。

コントローラー作成

まずはコントローラーを作成します。

app/Http/Controllers/ItemsController.phpが作成されるので、
ここでDBクラスを使用してitemsテーブルからレコードを取得します。

ビュー作成

次にレイアウト部であるviewを作成します。

resources\views内で「items」というフォルダを作成して「index.blade.php」を下記の内容で、新たに作成します。

{{$item->name}}と{{ $item->price }}が、コントローラーから渡されたレコード情報が出力される箇所となります。

ルーティング追加

最後にアクセスするURLを設定するため、ルーティングを記述します。
ここでは/itemsに設定します。

確認

ブラウザから http://localhost:8000/items にアクセスして、itemsテーブルのレコードが出力されていることが確認できます。