Laravel7 resource使用時のメソッドとURIの対応表

Laravel7 resource使用時のメソッドとURIの対応表

ルーティング設定時にRoute::resouceを使用した際にエラー「 Route [xxx.xxx] not defined. 」が発生して少し確認に手こずったので、メソッドとURIの関係性をメモしておきます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Composer 1.10.5
  • PHP 7.4.5
  • MariaDB 10.4.12
  • Laravel Framework 7.6.2

※windows10に Laravel のインストールはこちら

サンプルコントローラー作成

artisanコマンドでコントローラー作成時に–resourceを指定して、CRUDに対応したメソッドを自動生成します。
ここでは「PhotoController」として作成します。

app\Http\Controllers\PhotoController.phpが作成されます。

ルーティング作成

作成したPhotoControllerを一括でルーティングするために、Route::resourceを使用します。

対応表

上記の手順で、resources利用した際の「各メソッド」と「URI」の対応表は下記の画像の通りとなります。