Dart

1/7ページ

Dart 16進数の文字列を10進数の数値に変換する

Dartで、16進数の文字列を10進数の数値に変換するコードを記述してます。「 parse 」に文字列と「radix: 16」を使用することで可能です。 環境 16進数の文字列を10進数の数値に変換 16進数の文字列を10進数の数値に変換するには、「 parse 」を使用します。 実際に、使用してみ […]

Dart 絶対値を取得する

Dartで、絶対値を取得するコードを記述してます。「 abs 」で可能です。別の方法として値がマイナスであれば、マイナスをかけるという条件を作成して取得することもできます。 環境 絶対値を取得 絶対値を取得するには、「 abs 」を使用します。 実際に、使用してみます。 実行結果を見ると、絶対値が取 […]

Dart webdriverでexecuteを使用してjsを実行する

Dartのパッケージ「webdriver」で「execute」を使用してjsを実行するコードを記述してます。「execute」を使用するjavascriptが直接実行できるので便利です。 環境 webdriver パッケージ「webdriver」は「pubspec.yaml」に追加してます。 exe […]

Dart Seleniumを使用する

Dartで、Seleniumを使用するコードを記述してます。パッケージ「webdriver」を使用します。ここではとりあえず「chrome」を起動するところまで記述してます。 環境 ChromeDriverインストール 以下のリンクを参考にしてください。 windows11 ChromeDriver […]

Dart 文字列の最後にある空白のみを除去する

Dartで、文字列の最後にある空白のみを除去するコードを記述してます。「trimRight」で可能です。全角の空白も除去されます。 環境 文字列の最後にある空白のみを除去 文字列の最後にある空白のみを除去するには、「 trimRight 」を使用します。 実際に、使用してみます。 実行結果を見ると、 […]

Dart リスト(配列)の要素の数を取得する

Dartで、リスト(配列)の要素の数を取得するコードを記述してます。リストに「 length 」を使用することで取得できます。空の配列の場合だと「0」が返るので、空判定にも使用できます。 環境 リスト(配列)の要素の数を取得 リスト(配列)の要素の数を取得するには「 length 」を使用します。 […]

Dart 切り上げを行う

Dartで、切り上げを行うコードを記述してます。「 ceil 」で可能です。マイナス時は「0」に近い方に切り上げされます。 環境 切り上げ 切り上げするには、「 ceil 」を使用します。 実際に、使用してみます。 実行結果を見ると、切り上げされていることが確認できます。 数値以外 数値以外を指定す […]

Dart リスト(配列)の最後の値を取得する

Dartで、リスト(配列)の最後の値を取得するコードを記述してます。「 last 」メソッドを使用します。空の配列に使用するとエラーとなるため注意が必要です。 環境 リスト(配列)の最後の値を取得 リスト(配列)の最後の値を取得するには「 last 」を使用します。 実際に取得してみます。 実行結果 […]

Dart リスト(配列)を初期化(クリア)する

Dartで、リスト(配列)を初期化(クリア)するコードを記述してます。「 clear 」を使用すれば初期化は可能です。定数「const」で定義された定数に使用するとエラーが発生します。 環境 リストを初期化 リスト(配列)を初期化するには「 clear 」を使用します。 実際に使用して初期化してみま […]

Dart リスト(配列)を反転させる

Dartで、リスト(配列)を反転させるコードを記述してます。「 reversed 」を使用すると反転させることができますが、Iterableになるので再度リストに変換が必要です。 環境 リストを反転 リスト(配列)を反転するには「 reversed 」を使用します。 実際に使用して追加してみます。 […]

1 7