Dart

1/11ページ

Dart リスト(配列)を後ろから検索して最初に値が見つかった位置を取得する

Dartで、リスト(配列)を後ろから検索して最初に値が見つかった位置を取得するコードを記述してます。「lastIndexOf」に位置を取得したい値を指定することで取得できます。存在しない場合は決まった値「-1」が返ります。「lastIndexWhere」を使用した場合は更に条件を指定して位置を取得す […]

Dart 文字列を指定した数の空白を後方に埋める

Dartで、文字列を指定した数の空白を後方に埋めるコードを記述してます。「 padRight 」に埋める空白の数を指定することで可能です。 環境 文字列を指定した数の空白を後方に埋める 文字列を指定した数の空白を後方に埋めるには、「 padRight 」を使用します。 実際に、使用してみます。 実行 […]

Dart リスト(配列)をMapに変換する

Dartで、リスト(配列)をMapに変換するコードを記述してます。「asMap」を使用します。逆にmapからリスト(配列)に変換する場合は「toList」を使用します。 環境 Mapに変換 Mapに変換するには「 asMap 」を使用します。 実際に、使用して変換してみます。 実行結果を見ると、変換 […]

Dart リスト(配列)の各値の演算結果を蓄積する

Dartで、リスト(配列)の各値の演算結果を蓄積するコードを記述してます。「reduce」を使用します。値が1つしかないリストに使用すると、そのまま値が返ります。また空のリストに使用するとエラーとなります。 環境 各値の演算結果を蓄積 各値の演算結果を蓄積するには「 reduce 」を使用します。 […]

Dart Setから条件を指定して値を削除する

Dartで、Setから条件を指定して値を削除するコードを記述してます。「removeWhere」を使用して削除します。また、「const」で宣言したsetに使用するとエラーとなります。 環境 要素を追加 要素を追加するには、「removeWhere」を使用します。 実際に、使用して削除してみます。こ […]

Dart リスト(配列)の値を範囲を指定して削除する

Dartで、リスト(配列)の値を範囲を指定して削除するコードを記述してます。「removeRange」で開始位置と終了位置を指定することで削除できます。また、「removeRange」は範囲外の位置や「const」を指定したリストに対して実行するとエラーが発生します。 環境 OS windows11 […]

Dart Mapをキーでソートする

Dartで、Mapをキーでソートするコードを記述してます。Mapは「sort」メソッドがないので、キーを順番にイテレートしてくれる「SplayTreeMap」にMapを追加することでで可能です。 環境 Mapをキーでソート Mapをキーでソートするには、1. 「dart:collection」のキー […]

Dart 指定した文字列が最後に見つかった位置を取得する

Dartで、指定した文字列が最後に見つかった位置を取得するコードを記述してます。「 lastIndexOf 」に位置を取得したい文字列を指定することで可能です。 環境 指定した文字列が最後に見つかった位置を取得 指定した文字列が最後に見つかった位置を取得するには、「 lastIndexOf 」を使用 […]

Dart 文字列の先頭に指定した文字列が含まれているかを判定する

Dartで、文字列の先頭に指定した文字列が含まれているかを判定するコードを記述してます。「 startsWith 」に判定したい文字列を指定することで可能です。 環境 文字列の先頭に指定した文字列が含まれているかを判定 文字列の先頭に指定した文字列が含まれているかを判定するには、「 startsWi […]

Dart Mapからキーを指定して削除する

Dartで、Mapからキーを指定して削除するコードを記述してます。「remove」にキーを指定することで削除することができます。存在しないキーを指定してもエラーにはならず、何も削除されません。 環境 Mapからキーを指定して削除 Mapからキーを指定して削除するには1. 「remove」でキー名を指 […]

1 11