Windows10 IntelliJ IDEAをインストールしてkotlinを実行する

Windows10 IntelliJ IDEAをインストールしてkotlinを実行する

kotlinの開発元である「ジェットブレインズ社」が提供している「IntelliJ IDEA」をwindows環境にインストールして、実行するまでの手順を記述してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • kotlin 1.3.72

※windows10にkotlinをインストールする手順はこちら

IntelliJ IDEAダウンロード

こちらのサイトからダウンロード可能です。

ダウンロードをクリックします。

無償のコミュニティの方の「 ダウンロード」をクリックしてexe形式でダウンロードします。

ideaIC-2020.1.1.exeがダウンロードされます。

IntelliJ IDEAインストール

ダウンロードした「ideaIC-2020.1.1.exe」をダブルクリックしてインストールを開始します。

「Next」をクリックします。

ショートカットキーの作成とファイルの関連付けです。
※ここでは、64bitのショートカットの作成とktファイルに関連付けだけ行ってます。

「Install」をクリックするとインストールが開始されます。

インストールが開始されます。

「Finish」をクリックすればインストールは完了です。

kotlin実行

ディスクトップ上のショートカットをクリックします。

起動時にUIの選択を求められます。

プラグインの確認です。とりあえず、「Next」をクリックします

追加プラグインの確認です。ここでは特に何も追加せず「Start using IntelliJ IDEA」をクリックします。

「Create New Project」をクリックして、新規プロジェクトを作成します。

Kotlinにチェックをします。

任意の名前でプロジェクトを作成します。

作成したプロジェクト上の「src」を右クリックし「Kotlin File/Class」を選択します。

ここでは、testと入力してtest.ktファイルを作成します。

test.ktに下記のコードを記述して、hello worldを表示します。

画面上部にある「Run」をクリックして、 test.kt を実行します。

「Hello world」が表示されることが確認できます。