rails6 envファイルを使用する

rails6 envファイルを使用する

rails6で、envファイルを使用して環境変数を利用して、DBの接続情報などに利用するまでの手順を記述してます。railsのバージョンは6.1.0です。

環境

  • OS ubuntu20.10
  • ruby 2.7.2
  • rails 6.1.0
  • Postgresql 13.1 (dockerで構築)

事前準備

Gemfileに、envファイルを管理するためのgem「dotenv-rails」を追加します。

インストールします。

envファイル作成

railsのプロジェクト配下に「.env」ファイルを作成して、接続情報を記述します。

設定すると「rails c」で確認することが可能です。

database.yml

設定した環境変数を、database.ymlで使用します。

これで各環境で、envファイルを編集すれば、環境に合わせた設定を利用することが可能です。

「.env.sample」などを作成しておくと、他のメンバー、これをコピーして使用することができるので便利です。

※「.env」は、重要な情報が記述されているため「github」などには、そのままアップしないように注意して下さい。