Laravel8 Jetstreamをインストールしてログイン機能を実装する

Laravel8 Jetstreamをインストールしてログイン機能を実装する

Laravel8でJetstreamを使用して、ログイン機能を実装するまでの手順を記述してます。Jetstreamを使用すると、ログイン機能はもちろんユーザーの登録やAPIでの認証機能、2段階認証やチーム管理を行うことが可能です。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Composer 1.10.5
  • PHP 7.4.5
  • Laravel Framework 8.5.0

※windows10に Composer のインストールはこちら
※windows10に PHP のインストールはこちら
※windows10に Laravel8 のインストールはこちら

Jetstreamインストール

composerを使用してインストールします。
コマンドプロンプト上から下記のコマンドを実行します。

javascriptのパッケージLivewireを選択してインストールします。
※PHPを利用してコードを記述するjavascriptのパッケージ

チーム機能を利用する場合は、以下となります

インストール後のメッセージ通りにnpmコマンドを実行します。
※windows10 scoopを使ってnode.jsをインストールする手順はこちら

migrateを実行しておきます。
※DBの接続設定は「.env」ファイルで可能です。

テーブル「users」が作成されたことが確認できます。

Laravel8起動

以下のコマンドを実行して起動します。

ブラウザから、自分の環境では「http://127.0.0.1:8000」 にアクセスします。

画面右上にある「Register」をクリックして、ユーザー登録を行います。

必要情報を入力します。

登録が終わると「Dashboard」にアクセスします。

アイコンをクリックすると各種設定を行うことが可能です。

API Tokenも簡単に発行できます。

Profileのアイコン画像は「storage\app\public\profile-photos」に保存されるのシンボリックリンクを貼る必要があります。

「.env」ファイルのURLも環境に合わせて変更しておきます。

アイコンが変更できることが確認できます。