javascript 数値を整数部と小数部に分ける

javascript 数値を整数部と小数部に分ける

javascriptで、数値を整数部と小数部に分けるサンプルコードを記述してます。

環境

  • OS windows11 pro 64bit
  • ブラウザ chrome 101.0.4951.54

数値を整数部と小数部に分ける

数値を整数部と小数部に分けるには、基本は小数部の切り捨てで大丈夫ですが、整数部が「マイナス」の場合は少数部を切り上げる必要があります。少数に関しては、splitで「.」により区切って処理を行います。
※「Math.floor()」は、少数部の切り捨てる、Math.ceil() は少数部の切り上げとなります。

let num = 123.456

// 切り捨て切り上げの結果
console.log( Math.floor(num) ) // 123
console.log( Math.ceil(num) ) // 124

// 整数部
console.log( (num >= 0) ? Math.floor(num) : Math.ceil(num) ) // 123

// 小数部
console.log( parseFloat("0."+(String(num)).split(".")[1]) ) // 0.456

整数部が「0」の場合

let num = 0.123456

// 切り捨て切り上げの結果
console.log( Math.floor(num) ) // 0
console.log( Math.ceil(num) ) // 1

// 整数部
console.log( (num >= 0) ? Math.floor(num) : Math.ceil(num) ) // 0

// 小数部
console.log( parseFloat("0."+(String(num)).split(".")[1]) ) // 0.123456

整数部が「マイナス」の場合

let num = -123.456

// 切り捨て切り上げの結果
console.log( Math.floor(num) ) // -124
console.log( Math.ceil(num) ) // -123

// 整数部
console.log( (num >= 0) ? Math.floor(num) : Math.ceil(num) ) // -123

// 小数部
console.log( parseFloat("0."+(String(num)).split(".")[1]) ) // 0.456

整数のみの場合

let num = 123

// 切り捨て切り上げの結果
console.log( Math.floor(num) ) // 123
console.log( Math.ceil(num) ) // 123

// 整数部
console.log( (num >= 0) ? Math.floor(num) : Math.ceil(num) ) // 123

// 小数部
console.log( parseFloat("0."+(String(num)).split(".")[1]) ) // 0

サンプルコード

以下は、
「実行」ボタンをクリックすると、テキストフォームに入力された数値を整数部と小数部に分けて表示する
サンプルコードとなります。

※cssには「tailwind」を使用してます。関数はアロー関数を使用してます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

<head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>mebeeサンプル</title>
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <script src="https://cdn.tailwindcss.com"></script>
</head>

<script>

    window.onload = () => {

        btn.onclick = () => {
            let resultArr = check(Number(txt.value))
            foo.innerHTML = `整数部:${resultArr[0]}小数部:${resultArr[1]}`
        }

    }


    const check = (num) => {

        let arr = []
        
        arr[0] = (num >= 0) ? Math.floor(num) : Math.ceil(num)

        arr[1] = parseFloat("0."+(String(num)).split(".")[1])

        return arr

    }


</script>

<body>
    <div class="container mx-auto my-56 w-64 px-4">

        <div id="sample" class="flex flex-col justify-center">

            <h1 class="font-semibold text-red-500 text-lg mr-auto">実行結果</h1>

            <p id="foo" class="font-semibold text-lg mr-auto"></p>

            <input
                class="mb-2 shadow appearance-none border rounded w-full py-2 px-3 text-gray-700 leading-tight focus:outline-none focus:shadow-outline"
                id="txt" type="txt">

            <button id="btn"
                class="mb-2 md:mb-0 bg-transparent hover:bg-red-500 text-red-700 font-semibold hover:text-white py-2 px-4 border border-red-500 hover:border-transparent rounded">
                実行
            </button>

        </div>

    </div>
</body>

</html>

それぞれ取得されていることが確認できます。