dockerでrails6とpostgresql環境を構築する

dockerでrails6とpostgresql環境を構築する

dockerを使用して、rails6とpostgresql環境を構築する手順を掲載してます。

環境

  • OS CentOS Linux release 7.9.2009 (Core)
  • docker 20.10.2
  • docker-compose 1.25.4

各ファイル作成

使用するファイルを予め作成しておきます。
ここでは「railsapp」という名前でプロジェクトを作成します。

各ファイルを作成しておきます。

「railsapp」ディレクトリ配下の構成

Dockerfile作成

まずは以下の内容で「Dockerfile」を作成します。
※「railsapp」の箇所はプロジェクトの名称に合わせて下さい。

Gemfile作成

Gemfileも以下の内容で作成しておきます。バージョンは「6」以上を指定してます。

docker-compose.yml作成

docker-compose.ymlも以下の内容で作成しておきます。

entrypoint.sh作成

最後に、entrypoint.shも以下の内容で作成しておきます。

build

用意ができたので「railsプロジェクト」を作成します。

以下のエラーが出る場合は、権限の問題なので、

権限を付与します。

railsのファイルが作成されたことが確認できます。

buildします。

以下のエラーが出る場合は、再度権限を付与して下さい。

今度は、プロジェクト全てに付与します。

DB作成

「config/database.yml」にhostやusernameの接続情報を追加します。

DBを作成します。

以下のエラーが出る場合は、

パーミッションを変更します。

webpackインストール

webpackをインストールしておきます。

rails起動

以下のコマンドを実行すると「rails6」が立ち上げることが確認できます。

ブラウザから http://プライベートIP or サーバーアドレス:3000 にアクセスします。

TOPページ作成

topページを作成してみます。
※「-u `id -u $USER」は自分の環境だと作成したディレクトリの所有者が「root」になってしまうため、実行したユーザーが所有者になるようにしてます。

「config」内にある「routes.rb」を以下のように編集します。

再度、アクセスするとtopページが変更されたことが確認できます。