dockerを使用してmariadbを構築する

dockerを使用してmariadbを構築する

dockerを使って、mariadbを構築する手順を記述。docker-compose.ymlを作成して構築してます。

環境

  • OS ubuntu 20.04
  • docker 19.03.8
  • docker compose 1.25.4

docker-compose.yml作成

下記の内容でdocker-compose.ymlを任意の場所に作成します。

portは3306を既に使用しているので3307に変更してます。

volumesは、ここではymlファイルと同一階層に生成されます。

コンテナを表示して確認してみます。

mariadb接続

adminerを利用して、作成したmariadbにアクセスしてみます。

ブラウザから http://プライベートIP:8080 にアクセスします。
※firewallを有効している場合はportの設定をして下さい

adminerが表示されていることが確認できます。

必要情報を入力してログインします。

データベース種類 : MySQL
サーバー : mariadb_db_1
ユーザー名 : root
パスワード : pwd
データベース : test

ログインできると下記の画面が表示されます。

作成した「user」というユーザーが存在するか確認してみます。

画面右にある「SQLコマンド」を選択して、以下のクエリを実行します。

userが作成されていることが確認できます。

コンテナに直接アクセス場合は下記のコマンドを実行して下さい。