mariadb

1/9ページ

MariaDB アルファベットの大文字を小文字に変換する

MariaDBで、アルファベットの大文字を小文字に変換する手順を記述してます。「LOWER()」で可能です。全角のアルファベットも変換されます。ここでは、実際に実行した結果を画像で掲載してます。 環境 手順 アルファベットの大文字を小文字に変換するには、「LOWER()」を使用します。 実際に、実行 […]

MariaDB 接続中のidを確認する

MariaDBで、接続中のidを確認する手順を記述してます。「CONNECTION_ID( )」で確認できます。ここでは、実際に実行した結果を画像で掲載してます。 環境 手順 接続中のidを確認するには、「CONNECTION_ID( )」を使用します。 実際に、実行して取得してみます。 実行結果を […]

MariaDB マルチバイト文字の文字コードを確認する

MariaDBで、マルチバイト文字の文字コードを確認する手順を記述してます。「ORD( )」に文字を指定することで可能です。ここでは、実際に実行した結果を画像で掲載してます。 環境 手順 日本語の全角文字等などのマルチバイト文字の文字コードを確認するには、「ORD( )」を使用します。 実際に、マル […]

MariaDB 文字列を連結する

MariaDBで、文字列を連結する手順を記述してます。「CONCAT( )」に連結したい文字列を指定することで可能です。ここでは、実際に実行した結果を画像で掲載してます。 環境 手順 文字列を連結するには、「CONCAT( )」を使用します。 実際に、連結してみます。 実行結果を確認すると、文字列が […]

MariaDB 左に文字を追加する

MariaDBで、左に文字を追加する手順を記述してます。「LPAD( )」で追加後の文字数を指定と追加する文字列を指定することで可能です。ここでは、実際に実行した結果を画像で掲載してます。 環境 手順 左に文字を追加するには、「LPAD( )」を使用します。 実際に、追加してみます。 実行結果を確認 […]

MariaDB 文字列が最初に見つかった位置を返す

MariaDBで、文字列が最初に見つかった位置を返す手順を記述してます。「LOCATE( )」に検索する文字列と検索したい文字列を指定することで可能です。ここでは、実際に実行した結果を画像で掲載してます。 環境 手順 文字列が最初に見つかった位置を返すには、「LOCATE( )」を使用します。 実際 […]

MariaDB 区切り文字を指定して文字を取得する

MariaDBで、区切り文字を指定して文字を取得する手順を記述してます。「SUBSTRING_INDEX( )」に区切り文字と取得する文字数を指定します。ここでは、実際に実行した結果を画像で掲載してます。 環境 手順 区切り文字を指定して文字を取得するには、「SUBSTRING_INDEX( )」を […]

MariaDB アークコサインの値を計算する

MariaDBで、アークコサインの値を計算する手順を記述してます。「ACOS( )」に値を指定することで可能です。ここでは、実際に実行した結果を画像で掲載してます。 環境 手順 アークコサインの値を計算するには、「ACOS( )」を使用します。 実際に、計算してみます。 実行結果を確認すると、アーク […]

MariaDB 最大値を抽出する

MariaDBで、最大値を抽出する手順を記述してます。「GREATEST( )」に数値を複数指定することで可能です。文字列(数字の文字列以外)を使用すると数値の「0」として認識されます。 環境 手順 最大値を抽出するには、「GREATEST( )」を使用します。 実際に、抽出してみます。 実行結果を […]

MariaDB 符号の判定を行う

MariaDBで、符号の判定を行う手順を記述してます。「SIGN」を使用して戻り値で判定することができます。「0」の場合は「0」が返ります。 環境 手順 符号の判定を行うには、「SIGN」を使用します。 「SIGN」は、引数が正の数値だった場合「1」を返し、引数が負の数値だった場合は「-1」が返りま […]

1 9