Intellij IDEAにspring boot devtoolsを導入して自動コンパイルする

Intellij IDEAにspring boot devtoolsを導入して自動コンパイルする

spring Boot DevToolsを導入すればソースコードを変更して、わざわざをTomcatを再起動せずに変更内容が確認できるようになります。ここでは導入までの手順を記述してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • IntelliJ 2020.1.1
  • AdoptOpenJDK 14.0.1
  • Spring Boot 2.2.6

※Windows10にAdoptOpenJDKのインストール手順はこちら

Spring Bootプロジェクト作成

Spring Initializrよりプロジェクトのテンプレートをダウンロードしてプロジェクトを作成してます。

まずはこちらにアクセスして、下記の通りに設定してプロジェクトをダウンロードします。
※Thymeleafはここでは利用しませんが一応設定しておきます。

Intellij IDEA設定

設定 > コンパイラーより「自動的にプロジェクトをビルド」するにチェックを入れて「適用」ボタンをクリックして「OK」ボタンをクリックします

※IntelliJ IDEA 日本語化の手順はこちら

次に「Shift + Ctrl + Alt + /」を同時に押して「メンテナンス」を起動します。

レジストリを選択します。

compiler.automake.allow.when.app.runningにチェックをします。

これで設定は完了です。

確認

DemoApplication.javaを下記のように編集して実行します。

実行すると「Hello World」が表示されていることが確認できます。

ソースコードを「return “Hello World”;」から「 return “Hello Mebee”; 」に変更して、再度アクセスすると変更が反映されていることが確認できます。