eclipseでspring bootを使用するまでの手順

eclipseでspring bootを使用するまでの手順

総合開発環境「eclipse」でspring bootがデバックできるまでの手順を記述してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • eclipse Version: 2020-06 (4.16.0)

eclipseダウンロード

こちらのサイトからダウンロードしてます。私は「Eclipse 2020」をダウンロードしました。

ダウンロードした Eclipse を適当な場所に解凍します。

eclipse起動

「eclipse.exe」を実行して起動します。私の場合は、jdkに「AdoptOpenJDK」を指定して起動してます。
※ Windows10 AdoptOpenJDKをインストールしてjavaを利用する手順はこちら

eclipse.ini内容

spring bootインストール

ヘルプ > Eclipse マーケットプレースをクリックします。

検索窓に「sts」と入力して「Spring Tool4(aka Spring Tool Suite 4)」をインストールします。
※自分の環境はインストール済みとなってます。

ついでに「Gradle IDE PAck」もインストールしておきます。

プロジェクト作成

インストールが完了したので「Spring boot」プロジェクトを作成します。

ファイル > 新規 > プロジェクトを選択します。

「Spring スターター・プロジェクト」を選択します。

そのまま「次へ」をクリックします。

そのまま「完了」をクリックします

プロジェクトが作成されます

Hello World出力

DemoApplication.javaを下記の通りに編集して「Hello World」を出力します。

デバックします。

「hello world」が出力されることが確認できます。