Windows10 AdoptOpenJDKをインストールしてjavaを利用する

Windows10 AdoptOpenJDKをインストールしてjavaを利用する

商用利用が可能な コミュニティにより提供されている「OpenJDK」のバイナリ「AdoptOpenJDK」のwindows環境へのインストール手順を記述してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit

AdoptOpenJDKダウンロード

こちらのサイトよりダウンロードします。

インストールしたいjavaのバージョンを選んで、JVMの方はHotSpotを指定し「Latest release」をクリックしダウンロードをします。

「OpenJDK14U-jdk_x64_windows_hotspot_14.0.1_7.msi」がダウンロードされます。

AdoptOpenJDKインストール

ダウンロードした「OpenJDK14U-jdk_x64_windows_hotspot_14.0.1_7.msi」 を実行して、インストーラーを起動します。

「次へ」をクリックします。

同意して「次へ」をクリックします。

各種設定を行います。

環境変数「 JAVA_HOME 」をセットするので、 「set JAVA_HOME variable」を右クリックして「ローカルハードドライブにインストール」を選択します。

「インストール」をクリックします。

「完了」をクリックします。

確認

コマンドプロンプトを立ち上げて、バージョンを確認します。