javascript基礎 基本的なリテラルの種類

javascript基礎 基本的なリテラルの種類

javascriptの基礎である基本的なリテラルの種類を記述してます。

環境

  • OS windows11 home
  • ブラウザ chrome 100.0.4896.60

リテラルの種類

基本的には、以下の種類のリテラルを使用することが可能です。

リテラル名説明
真偽値リテラルtrue または false
配列リテラル[値,値,…]
数値リテラル(bigintリテラル)10進数,16進数,8進数,2進数,bigint
浮動小数点リテラル浮動小数点
文字列リテラル一般的な文字列
真偽値リテラル

trueかfalseです

const bool1 = true;
const bool2 = false;
配列リテラル

[]を使用します。

let array = ['a', 'b', 'c'];
数数値リテラル( bigintリテラル )

それぞれ、以下のようになります。

let num1 = 10; // 10進数
let num2 = 0o77; // 8進数
let num3 = 0xff; // 16進数
let num4 = 0b11; // 2進数
let num5 = 10n; // 2進数

console.log(num1); // 10
console.log(num2); // 63
console.log(num3); // 255
console.log(num4); // 3
console.log(num5); // 10n
浮動小数点リテラル

「.」を使用します。指数表記である「e」を使用すると「n」の10乗を表現できます。

let num1 = 3.1415926;
let num2 = 7e5 // 7×10の5乗

console.log(num2); // 700000
文字列リテラル

シングルクォートやダブルクォートで囲んで使用します。

let str1 = 'hello'; // シングルクォート
let str2 = "world"; // ダブルクォート