ASP.NET Core Razor Pagesを使用する

ASP.NET Core Razor Pagesを使用する

ASP.NET CoreでRazor Pagesを使用するまでの手順を記述してます。.NET Coreのバージョンは3.1を使用してます。

環境

  • OS windows10 pro
  • IDE Visual Studio 2019
  • .NET Core 3.1

プロジェクト作成

Visual Studio 2019からプロジェクトを作成します。

ASP.NET Core Webアプリケーションを選択します。

razorAppという名前でプロジェクトを作成してます。

「web アプリケーション」を選択します。

プロジェクトが作成されます。

「Ctrl」+「F5」で実行すると以下のページが表示されます。

Hello World表示

「Pages」配下にある「Index.cshtml」を編集して「Hello World」を表示してみます。

「Ctrl」+「F5」で実行すると「Hello World」が表示されていることが確認できます。

Razor Pagesの特徴

「Pages」配下には、「.cshtml」と同じファイル名で「.cshtml.cs」が存在して、これを利用して各ページに対して処理を記述します。

例えば「Hello World」を「.cshtml.cs」で定義して、「.cshtml」で利用することも可能です。

「Index.cshtml.cs」

「Index.cshtml」

実行すると「Hello World」が表示されます。