ASP.NET Core DBと接続してAPIを実装する

ASP.NET Core DBと接続してAPIを実装する

ASP.NET CoreでDBと接続してAPIを実装するまでの手順を記述してます。.NET Coreのバージョンは3.1を使用してます。

環境

  • OS windows10 pro
  • IDE Visual Studio 2019
  • .NET Core 3.1
  • SQL Server2019 Express

プロジェクト作成

Visual Studio 2019からプロジェクトを作成します。

ASP.NET Core Webアプリケーションを選択します。

任意の名前でプロジェクトを作成します。
※ここでは「sample」として作成してます。

「API」を選択します。

プロジェクトが作成されます。

パッケージ追加

NuGetパッケージから以下の3つをインストールしておきます。

  • Microsoft.EntityFrameworkCore
  • Microsoft.EntityFrameworkCore.SqlServer
  • Microsoft.EntityFrameworkCore.Tools

接続文字列追加

「appsettings.json」にSQL Serverとの接続文字列を追加しておきます。

サーバー localhost
DB名 sample
ユーザー名 sa
パスワード password

で追加してます。

Entitiesクラス作成

まずはプロジェクト配下に「Entities」フォルダを作成して、そこに「Parson.cs」を作成します。

「Parson.cs」を以下のように記述します。

マッピング

マッピングを行うため、プロジェクト配下に「Data」フォルダを作成して、そこに「ParsonContext.cs」を作成します。

「ParsonContext.cs」を以下のように記述します。

Controller作成

「Controllers」フォルダ配下に、そこに「APIコントローラー」を選択して、「ParsonsController.cs」を作成します。

「ParsonsController.cs」を以下のように記述します。

サービス登録

「Startup.cs」にサービスを登録します。

Migration実行

パッケージマネージャーコンソールを開いて、Migrationを実行します。

以下のコマンドを実行します。

「Migrations」フォルダ配下にマイグレーションファイルが作成されます。

テーブルを作成します。

テーブルが作成されていることが確認できます。

データ追加

データを追加するためinsert文を流します。

API確認

デバックして「/api/parsons」にアクセスするとapiが取得できていることが確認できます。