フレームワーク「HTML5 Boilerplate」をインストールして利用する

フレームワーク「HTML5 Boilerplate」をインストールして利用する

HTML5の基本テンプレートである「HTML5 Boilerplate」をインストールして利用するまでの手順を記述してます。

環境

  • OS  CentOS Linux release 8.2.2004 (Core)
  • node V12.16.3
  • npm 6.14.4

※CentOS8 最新版のnodeとyarnをインストールする手順はこちら

html5-boilerplateプロジェクト作成

下記のコマンドでプロジェクトを作成します。
※ここでは「test-project」という名前で作成してます。

html5-boilerplateインストール

必要なパッケージをインストールします。

自分の場合はここで「error package.json: Name contains illegal characters」が発生したので「package.json」を下記の通り、編集しました。

html5-boilerplate実行

インストールが終われば、ローカルサーバーを起動してみます。

デフォルトだと1234番ポートを使用しているので、firewallを設定しておきます。

ローカルサーバーを起動します。

ブラウザから http://プライベートIP or サーバーアドレス:1234 にアクセスして下記のページが表示されていれば環境構築は完了です。

作成された基本テンプレートである「index.hml」は下記となります。

プロジェクト配下のディレクトリは下記となります。