CentOS8にLaravel7をインストールする

CentOS8にLaravel7をインストールする

CentOS8環境にLaravel7をインストールする手順を記載してます。

環境

  • OS:CentOS Linux release 8.1.1911 (Core)
  • PHP:7.4.5
  • Composer : 1.10.5

PHPインストール

こちらに記述してあります。

phpモジュールインストール

Laravel7を動作させるのみ必要なモジュールをインストールします。

Composerインストール

次にcomposerをインストールしていきます。

念の為アップデートします。

バージョンを確認します。

Laravel 7 インストール

composerを利用してインストールします。

アクセス権設定

ディレクトリのアクセス権を設定します。

laravelグループを作成して、storageディレクトリとbootstrap/cache ディレクトリの所有グループをlaravelに設定する

storageディレクトリとbootstrap/cache ディレクトリのアクセス権を設定

SGIDを指定して、ディレクトリ内部で作成されたファイル全てをディレクトリのSGIDで指定したグループ に設定します。

アクセス制御リスト(ACL) も設定して、ディレクトリやファイル作成時にアクセス権を775と664にします。

Laravel 7 起動

起動します。

ブラウザから http://プライベートIP:8000 にアクセスすると下記の画面が表示されます。