Laravel7 REST APIの実装手順

Laravel7 REST APIの実装手順

Laravel7でREST APIの実装するまでの簡単な手順を記述してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Composer 1.10.5
  • PHP 7.4.5
  • MariaDB 10.4.12
  • Laravel Framework 7.6.2

※windows10に Laravel のインストールはこちら
※windows10に Composer のインストールはこちら
※windows10に PHP のインストールはこちら
※windows10に MariaDB のインストールはこちら

モデル作成

まずはモデルを下記のコマンドで作成します。
※ここではIpsという名前で作成します。-m でマイグレーションも同時に作成します。

appフォルダ配下に「Ips.php」が生成されます。

テストテーブル作成

次にtableを作成します。database\migrations配下に「xxxx_xx_xx_xxxx_create_ips_table.php」が生成されているので編集します。

マイグレーションを実行してipsテーブルを作成します。

テーブルipsが作成されたので適当なデータをinsertしておきます。

コントローラー作成

次にコントローラーを作成します。 –resourceを付けるとCRUD機能のひな型が生成されます。

app\Http\Controllers配下の「IpsController.php」を編集します。

ルーティング追加

アクセスするURLを設定するため、routes配下の「web.php」にルーティングを記述します。
ここでは「/ips」に設定します。

確認

ブラウザから http://localhost:8000/ipsにアクセスしてみて、jsonデータが取得できることが確認できます。

また、ブラウザから http://localhost:8000/ips/2にアクセスするとId2のデータのみが取得できることが確認できます。