CentOs8 Go言語のインストール

CentOs8 Go言語のインストール

Go言語のインストール作業メモ。基本的に公式手順に従う

CentOs8バージョン

#cat /etc/centos-release
CentOS Linux release 8.0.1905 (Core)

Go言語とは

2009年にリリースされたGoogleによって開発されたオープンソースのプログラミング言語

Dropbox などにも採用されている言語だそうです

公式サイトはこちら

インストール

こちらで最新バージョンを確認

永続的にPATHを通す

「export PATH=$PATH:/usr/local/go/bin」だと、ログアウトするとPATHが元に戻ってしまう。永続的にPATHを通しておきたい場合は、「.bash_profile」を編集する

.bash_profile はログイン時に読み込まれます

Hello World実行

下記の内容で編集

実行してみる

$GOPATHの追加

GOPATHは、go getしたパッケージ等のインストール先となるディレクトリ

※go1.8以上であれば、設定がなければ自動 ( $HOME/go ) で設定される

go1.8未満と設定されたい方は下記をご参考にして頂ければと思います