CentOs8に「xrdp」をインストールしてwindowsからリモート接続可能にする

CentOs8に「xrdp」をインストールしてwindowsからリモート接続可能にする

xrdpをインストールすれば、windowsからリモートディスクトップ接続が可能になります。ここでは、「xfdp」のインストール手順を記述してます。

環境

  • OS CentOS Linux release 8.0.1905 (Core)

EPELリポジトリ追加

リポジトリを追加します。

xrdpインストール

xrdpをインストールします。リモート接続するには「tigervnc-server」も必要なため、一緒にインストールします。

自動起動と起動の設定を行います。

fiwawallを設定しておきます。

Windowsからリモート接続

インストールが完了したので、windowsからリモート接続してみます。

「Windowsキー + R」で「ファイル名を指定して実行」を開きます。

対象のマシンのIPアドレスを指定して、「OK」ボタンをクリックします。

「はい」をクリックします。

rootでログインします。

「OK」ボタンをクリックすると、リモート接続ができることが確認できます。