javascript オブジェクトのプロパティの値を取得する

javascript オブジェクトのプロパティの値を取得する

javascriptで、オブジェクトのプロパティの値を取得するサンプルコードを記述してます。

環境

  • OS windows11 pro 64bit
  • Apache 2.4.43
  • ブラウザ chrome 105.0.5195.102

プロパティの値を取得

プロパティの値を取得するには、まずは以下のような「ドット記法」と呼ばれる方法があります。

const obj = {a: 10, b: 20, c: 30};

console.log(obj.a) // 10
console.log(obj.b) // 20
console.log(obj.c) // 30

存在しない値を指定すると「undefined」が返ります。

console.log(obj.d) // undefined

入れ子になっている場合は、プロパティを「.」区切りで指定することで取得可能です。

const obj = {a: {A:1,B:2}, b: 20, c: 30};

console.log(obj.a) // {A: 1, B: 2}

console.log(obj.a.A) // 1
console.log(obj.a.B) // 2

次は「ブラケット記法」と呼ばれる「[]」を使用した方法でも取得できます。

const obj = {a: {A:1,B:2}, b: 20, c: 30};

console.log(obj['a']) // {A: 1, B: 2}
console.log(obj['b']) // 20
console.log(obj['c']) // 30
console.log(obj['d']) // undefined

console.log(obj['a']['A']) // 1
console.log(obj['a']['B']) // 2

最後は、変数に「{}」を使用して取得する方法もあります。

const obj = {a: {A:1,B:2}, b: 20, c: 30};

const {a} = obj;
const {b} = obj;
const {c} = obj;
const {d} = obj;

console.log(a) // {A: 1, B: 2}
console.log(a.A) // 1
console.log(a.B) // 2
console.log(b) // 20
console.log(c) // 30
console.log(d) // undefined

また、ループさせて取得したい場合は、以下を御覧ください。

サンプルコード

以下は、
「 取得 」ボタンをクリックすると、指定したプロパティの値を取得して表示する
サンプルコードとなります。

※cssには「bootstrap material」を使用してます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>mebeeサンプル</title>
  <!-- MDB -->
  <link href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/mdb-ui-kit/4.2.0/mdb.min.css" rel="stylesheet" />
</head>

<body>

  <div class="container text-center w-75 mx-auto" style="margin-top:200px">

    <h2><span class="badge badge-info"></span></h2>
    <h2><span class="badge badge-info">結果</span></h2>

    <button type="button" onclick="hoge()" class="btn btn-raised btn-warning">
      取得
    </button>

  </div>

  <script>

    let obj = {
      sample1: {
        a: 1,
        b: 2
      },
      sample2: {
        a: 1,
        b: 2
      }
    }

    // 表示用要素取得
    let elm = document.getElementsByClassName("badge")[0];

    // JSON 文字列に変換して表示
    elm.textContent = JSON.stringify(obj);

    function hoge() {

      // 表示用要素取得
      let elm = document.getElementsByClassName("badge")[1];

      // JSON 文字列に変換して表示
      elm.textContent = JSON.stringify(obj.sample1);

    }

  </script>
</body>

</html>

実行結果を確認すると、プロパティの値が取得されているが確認できます。