javascript autocomplete属性を取得して変更を行う

javascript autocomplete属性を取得して変更を行う

javascriptで、autocomplete属性を取得して変更を行うサンプルコードを掲載してます。ブラウザはchromeを使用しています。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Apache 2.4.43
  • ブラウザ chrome 91.0.4472.77

autocomplete属性を取得

autocomplete属性を取得する場合は、autocompleteプロパティを確認することで可能です。

実行結果を確認すると、「autocomplete」属性がコンソールに出力された後に、変更されていることが確認できます。

また、以下のコードを、

アロー関数とdocument.getElementByIdを省略して、簡潔に記述することもできます。

サンプルコード

以下は、
「実行」ボタンをクリックして、autocomplete属性の値を切り替えて、状態を出力するサンプルコードとなります。

※cssには「tailwind」を使用して、アロー関数で関数は定義してます。三項演算子も使用してます。

実行結果を確認すると、autocompleteが切り替わって、値が表示されていることが確認できます。