React.js ライブラリ「use-elapsed-time」を使ってカウントダウン機能を実装する

React.js ライブラリ「use-elapsed-time」を使ってカウントダウン機能を実装する

ライブラリ「use-elapsed-time」をインストールすると、カウントダウン機能の実装が可能です。ここでは、react.jsでuse-elapsed-timeを利用するための手順と簡単な使い方を記述してます。

環境

  • OS  CentOS Linux release 8.0.1905 (Core)
  • node V12.13.1
  • npm 6.14.2
  • React 16.13.0

react.js環境構築

下記のコマンドで構築してます。ここでは、react-appという名前でプロジェクトを作成してます。

use-elapsed-timeインストール

作成したプロジェクトに移動して、インストールします。

use-elapsed-time 使い方

srcディレクトリにsample.jsと名前で下記のコードを記述します。

次に、srcディレクトリ配下にあるApp.jsを下記のように編集します。

実行します。

ブラウザから http://プライベートIP:3000にアクセスすると、カウントダウン機能が実装されていることが確認できます。