SourceTreeをwindowsにインストールする

SourceTreeをwindowsにインストールする

gitのGUIクライアントSourceTreeをwindowsにインストールするまでの手順を掲載してます。

環境

  • OS windows10 pro
  • git 2.30.1
  • SourceTree 3.4.3

SourceTreeダウンロード

こちらのサイトからダウンロード可能です。

「Windows向けダウンロード」をクリックしてダウンロードを開始します。

規約に同意するとダウンロードが開始されます。

「SourceTreeSetup-3.4.3.exe」がダウンロードされます。

SourceTreeインストール

ダウンロードした「SourceTreeSetup-3.4.3.exe」をダブルクリックしてインストールを開始します。

バージョン管理リポジトリのホスティングサービスである「Bitbucket」は、今回は使用しないので「スキップ」を選択します。

「Mercurial」は使用しないので、チェックを外します。

gitで使用する「アカウント設定」を設定しておきます。

※インストール後に、ツール > オプションより変更可能です。

SSHキーがあれば「はい」を選択します。ここでは「いいえ」にしてます。

これでインストールは完了です。

SourceTreeでclone

試しに一度、gitlabにある以下のリポジトリをcloneしてみます。

画面にあるcloneをクリックして、リポジトリのアドレスを入力して、各項目を設定後に「クローン」ボタンをクリックします。。

HistoryがGUIで表示されます。

指定したフォルダにcloneしたファイルが存在することが確認できます。