Ruby 配列の値を削除する

Ruby 配列の値を削除する

Rubyで、delete_atを使って、配列の値を削除するサンプルコードを記述してます。rubyのバージョンは2.7.2を使用してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • ruby 2.7.2p137

delete_at使い方

delete_atを使用すると、配列の値を削除することが可能です。

[配列].delete_at(インデックス番号)

以下は、用意した配列の値を、配列の値を削除して表示するサンプルコードとなります。

arr=["a", "b", "c", "d", "e", "f"]

arr.delete_at(0)

p arr
# ["b", "c", "d", "e", "f"]

arr.delete_at(2)

p arr
# ["b", "c", "e", "f"]

多次元配列にも利用できます。

arr=[[1,2],[3,4],[5,6]]

arr.delete_at(0)

p arr
# [[3, 4], [5, 6]]

先頭のみを削除する場合は、「shift」を使用します。

arr=["a", "b", "c", "d", "e", "f"]

arr.shift()

p arr
# ["b", "c", "d", "e", "f"]

最後のみを削除する場合は、「pop」を使用します。

arr=["a", "b", "c", "d", "e", "f"]

arr.pop()

p arr
# ["a", "b", "c", "d", "e"]