windows10 Pikを使ってRubyのバージョンを管理する

windows10 Pikを使ってRubyのバージョンを管理する

windows環境でRubyのバージョンを管理することができるツール「Pik」のインストールから使い方までを記述してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Pik 0.2.8

※windows10にrubyのインストール手順はこちら

Pikダウンロード

こちらのサイトからダウンロードします。

「pik-0.2.8.msi」をダウンロードします。

Pikインストール

ダウンロードした 「pik-0.2.8.msi」 を実行します。

「Next」をクリックします。

同意して「Next」をクリックします。

PATHに追加するため「Append」にチャックを入れて「Next」をクリックします。

「Install」をクリックします。

「Finish」をクリックします。

コマンドプロンプトを起動してバージョンを確認してみます。

Pik使い方

こちらのページからダウンロードしてインストールしたバージョン違いのRubyを利用します。

コマンドプロンプト上から、rubyのあるフォルダに移動してpikに追加します。

同様に2.6の方にも移動して、追加します。

リストに追加されたかを確認してみます。
利用しているバージョンに「*」が表示されます。

利用するバージョンを変更してみます。

バージョンが変更されたことが確認できます。