Ruby yieldの簡単な使い方

Ruby yieldの簡単な使い方

Rubyで、yieldの簡単な使い方を記述してます。rubyのバージョンは2.7.2を使用してます。do-endでの使用方法までを記述してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • ruby 2.7.2p137

yield使い方

rubyはyieldを使用すると、以下のようにコードブロックをyieldごとに実行することができます。

yieldは、以下のように順番に実行されます。

パラメーター利用

以下のようにパラメーターを利用することも可能です。

コードブロック確認

コードブロックが与えられているかは「p block_given?」で確認することができます。

proc.call

proc.callを使用すれば、コードブロックが存在すれば、実行することが可能です。

proc.callを、yieldに変更して、&procをなくしても同じ結果が得られます。

なので、これのコードブロックがあるかの条件をなくしたものがyeildとなります。

do-endを使用

一般的にyieldは、do-endを使用して実行します。

ちなみにprocもdo-endを使用できます。