javascript 二次元配列をオブジェクトに変換する処理で「Object.fromEntries」と「reduce」と「for文」とのパフォーマンスを計測する

javascript 二次元配列をオブジェクトに変換する処理で「Object.fromEntries」と「reduce」と「for文」とのパフォーマンスを計測する

javascriptで、「Object.fromEntries」と「reduce」と「for文」で同じ二次元配列をオブジェクトに変換する処理を行った時のパフォーマンスを計測するサンプルコードを記述してます。「chrome」と「firefox」と「safari」の3種類のブラウザで実行してます。「for」文が、どのブラウザでもパフォーマンスは良さそうです。

環境

  • OS windows11 pro 64bit
  • ブラウザ chrome 107.0.5304.63

パフォーマンス計測

「performance.now」を使って、「Object.fromEntries」と「reduce」と「for文」で二次元配列をオブジェクトに変換する処理を、それぞれ10万回実行し、パフォーマンスを計測するサンプルコードとなります。

<script>

  // 実行回数
  const times = 100_000;

  // 空白を埋めるだけの関数
  function spacePadding(val, n = 8) {
    for (; val.length < n; val += ' ');
    return val;
  }

  // 計測結果を表示
  const benchmark = (name, start, end) => {
    let report = (end - start).toPrecision(3);
    // 表示を見やすくするため関数名に空白を埋める
    name = spacePadding(name)
    console.log(`実行回数:${times}回 関数名:${name} 実行時間:${report}(ms)`);
  }

  // 二次元配列を用意
  const arr = [['id', 1], ['name', 'mebee'], ['age', 25], ['weight', 70], ['high', 170]];

  // 空のオブジェクトを用意 for文で使用
  let obj = {};

  // 計測
  start = performance.now();

  for (let i = 0; i < times; ++i) {
    Object.fromEntries(arr);
  }

  end = performance.now();

  benchmark('Object.fromEntries', start, end);

  // 計測
  start = performance.now();

  for (let i = 0; i < times; ++i) {
    arr.reduce(function (obj, [key, value]) { return ({ ...obj, [key]: value }) }, {});
  }

  end = performance.now();

  benchmark('reduce', start, end);

  // 計測
  start = performance.now();

  for (let i = 0; i < times; ++i) {
    obj = {};
    for (j = 0; arr[j]; j++) {
      let k = arr[j][0];
      let v = arr[j][1];
      obj[k] = v;
    }
  }

  end = performance.now();

  benchmark('for', start, end);

</script>

実行結果(chrome 107.0.5304.63)

<1回目>
実行回数:100000回 関数名:Object.fromEntries 実行時間:63.7(ms)
実行回数:100000回 関数名:reduce   実行時間:88.7(ms)
実行回数:100000回 関数名:for      実行時間:14.8(ms)

<2回目>
実行回数:100000回 関数名:Object.fromEntries 実行時間:78.2(ms)
実行回数:100000回 関数名:reduce   実行時間:95.4(ms)
実行回数:100000回 関数名:for      実行時間:15.5(ms)

<3回目>
実行回数:100000回 関数名:Object.fromEntries 実行時間:94.9(ms)
実行回数:100000回 関数名:reduce   実行時間:128(ms)
実行回数:100000回 関数名:for      実行時間:16.2(ms)

「for」文の方が速いという結果になりました。

firefox105でも、同じです。

<1回目>
実行回数:100000回 関数名:Object.fromEntries 実行時間:19.0(ms)
実行回数:100000回 関数名:reduce   実行時間:92.0(ms)
実行回数:100000回 関数名:for      実行時間:24.0(ms)
​
<2回目>
実行回数:100000回 関数名:Object.fromEntries 実行時間:30.0(ms)
実行回数:100000回 関数名:reduce   実行時間:111(ms)
実行回数:100000回 関数名:for      実行時間:19.0(ms)

​<3回目>
実行回数:100000回 関数名:Object.fromEntries 実行時間:29.0(ms)
実行回数:100000回 関数名:reduce   実行時間:82.0(ms)
実行回数:100000回 関数名:for      実行時間:20.0(ms)

safari15.5でも、同じです。

<1回目>
実行回数:100000回 関数名:Object.fromEntries 実行時間:16.0(ms)
実行回数:100000回 関数名:reduce   実行時間:105(ms)
実行回数:100000回 関数名:for      実行時間:14.0(ms)

<2回目>
実行回数:100000回 関数名:Object.fromEntries 実行時間:16.0(ms)
実行回数:100000回 関数名:reduce   実行時間:122(ms)
実行回数:100000回 関数名:for      実行時間:18.0(ms)

<3回目>
実行回数:100000回 関数名:Object.fromEntries 実行時間:15.0(ms)
実行回数:100000回 関数名:reduce   実行時間:111(ms)
実行回数:100000回 関数名:for      実行時間:14.0(ms)