javascript イベント発生元のclassを取得する

javascript イベント発生元のclassを取得する

javascriptで、イベント発生元のclassを取得するサンプルコードを掲載してます。ブラウザはchromeを使用しています。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Apache 2.4.43
  • ブラウザ chrome 100.0.4896.127

イベント発生元のclassを取得する

イベント発生元のclassを取得するには、「Event.target.className」を使用します。

<input id="btn" class="foo" type="button" value="ボタン" />

<script>

'use strict';

function hoge(e){
  console.log(e.target.className)
}

document.getElementById("btn").addEventListener('click', hoge, false)

</script>

実行結果を確認すると、ボタンをクリックすると、クリックされたボタンの要素のclassが取得されていることが確認できます。

また、以下のコードを、

function hoge(e){
  console.log(e.target.className)
}

document.getElementById("btn").addEventListener('click', hoge, false)

アロー関数とdocument.getElementByIdを省略して、簡潔に記述することもできます。

const hoge = (e) =>{
  console.log(e.target.className)
}

btn.addEventListener('click', hoge, false)

サンプルコード

以下は、
「実行」ボタンをクリックした際に、クリック元の要素のclassを表示するサンプルコードとなります。

※cssには「tailwind」を使用して、アロー関数で関数は定義してます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>mebeeサンプル</title>
  <link href="https://unpkg.com/tailwindcss@^2/dist/tailwind.min.css" rel="stylesheet">  
</head>

<script>

  window.onload = () => {

    btn.onclick = (e) => { bar.innerHTML = e.target.className }

  }

</script>

<body>
  <div class="container mx-auto my-56 w-1/3 px-4">

    <div id="sample" class="flex flex-col justify-center">

      <h1 class="font-semibold text-black-500 text-lg mr-auto">実行結果</h1>
      <h1 id="bar" class="font-semibold text-gray-500 text-lg mr-auto"></h1>

      <input id="btn" type="button" value="実行"
        class="mb-2 md:mb-0 bg-transparent hover:bg-orange-300 text-orange-700 font-semibold hover:text-white py-2 px-4 border border-orange-300 hover:border-transparent rounded" />

    </div>

  </div>
</body>

</html>

実行結果を確認すると、クリックした要素のclassが表示されていることが確認できます。