javascript lodashを使って親クラスを含んだオブジェクトのキーと値を後ろから取得する

javascript lodashを使って親クラスを含んだオブジェクトのキーと値を後ろから取得する

javascriptで、lodashを使って親クラスを含んだオブジェクトのキーと値を後ろから取得するサンプルコードを掲載してます。ブラウザはchromeを使用しています。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Apache 2.4.43
  • lodash 4.17.21
  • ブラウザ chrome 91.0.4472.77

lodash使用

こちらのサイトから最新版を確認して、CDN版を使用してます。

<script type="text/javascript" src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/lodash.js/4.17.21/lodash.min.js"></script>

親クラスを含んだオブジェクトのキーと値を後ろから取得

親クラスを含んだオブジェクトのキーと値を後ろから取得するには、「_.forInRight」を使用します。

'use strict';

function Hoge() {
  this.a = 1;
  this.b = 2;
}

// 親を作成
Hoge.prototype.c = 3;

// 親クラスを含んで実行される
_.forInRight(new Hoge, function(value, key) {
  console.log(`value : ${JSON.stringify(value)} key : ${key}`)
});

const obj = {
  'sato': { 'age': 25, 'active': true },
  'tanaka': { 'age': 30, 'active': false },
  'kojima': { 'age': 15, 'active': true },
  'takahashi': { 'age': 15, 'active': false },
  'yasuda': { 'age': 15, 'active': true }
}

_.forInRight(obj, function (value, key) {
  console.log(`value : ${JSON.stringify(value)} key : ${key}`)
});

実行結果を確認すると、キーと値が後ろから返えされていることが確認できます。

サンプルコード

以下は、
「実行」ボタンをクリックして、親クラスを含んだオブジェクトのキーと値を後ろから取得するサンプルコードとなります。

※cssには「tailwind」を使用して、アロー関数で関数は定義してます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>mebeeサンプル</title>
  <link href="https://unpkg.com/tailwindcss@^2/dist/tailwind.min.css" rel="stylesheet">
  <script type="text/javascript" src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/lodash.js/4.17.21/lodash.min.js"></script>
</head>

<script>

  function Foo() {
    this.a = 1;
    this.b = 2;
  }

  // 親を作成
  Foo.prototype.c = 3;

  const hoge = () => {

    disp(new Foo, 'foo')

  }

  const disp = (obj, id) => {

    let text = [];

    _.forInRight(obj, (value, key) => {
      text.push('<li class="list-group-item">' + `value : ${JSON.stringify(value)} key : ${key}` + '</li>')      
    });    

    document.getElementById(id).innerHTML = text.join('');

  }

  window.onload = () => {

    btn.onclick = () => { hoge() }

  }

</script>

<body>
  <div class="container mx-auto my-56 w-1/3 px-4">

    <div id="sample" class="flex flex-col justify-center">

      <h1 id="bar" class="font-semibold text-purple-500 text-lg mr-auto">実行結果</h1>
      <ul id="foo" class="font-semibold text-gray-500 text-lg mr-auto"></ul>

      <button id="btn"
        class="mb-2 md:mb-0 bg-transparent hover:bg-purple-300 text-purple-700 font-semibold hover:text-white py-2 px-4 border border-purple-300 hover:border-transparent rounded">
        実行
      </button>

    </div>

  </div>
</body>

</html>

実行結果を確認すると、結果が表示されていることが確認できます。