javascript throwを使って例外を発生させる

javascript throwを使って例外を発生させる

javascriptで、throwを使って独自に作成した例外を発生させるサンプルコードを記述してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Apache 2.4.43
  • ブラウザ chrome 84.0.4147.105

throw使い方

throwを使用すると、独自の例外を発生させることが可能です。

実行結果をみると作成した例外処理が実行されていることが確認できます。

以下のように、エラーの種類を指定して例外を発生させることも可能です。

エラーの種類は、以下の通りとなります。

  • RangeError 有効範囲外の数値エラー
  • ReferenceError 宣言のない変数エラー
  • SyntaxError 文法エラー
  • TypeError データの型が違う場合のエラー

「new」は省略可能です。

また、throwは以下のように記述することもできます。