javascript Optional chainingを使用する

javascript Optional chainingを使用する

javascriptで、ES2020の機能になるOptional chainingを使用して、nullやundefinedになる可能性があるオブジェクトのプロパティやメソッドを参照するサンプルコードを記述してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Apache 2.4.43
  • ブラウザ chrome 84.0.4147.105

Optional chaining使い方

Optional chainingを使用すると、以下のような場合、addressが存在する場合は「hoge」が取得でき、

addressが存在しない場合は、「undefined」となります。

Optional chainingを使用しない場合は、以下のように記述することも可能です。

例えば、pタグのテキストを取得する場合に、Optional chainingを使用すると、idがあればテキストが取得され、

なければ「undefined」となり、エラーとなりません。

Optional chainingを使用しない場合はエラーとなり、処理が止まります。