Laravel7 DBからデータを取得操作の一覧

Laravel7 DBからデータを取得操作の一覧

Laravel7でDBからデータを取得する操作の例を幾つか記述してます。ここでは DBにMysqlベースのPercona Serverを使用してます。

環境

  • OS CentOS Linux release 8.0.1905 (Core)
  • Composer 1.10.5
  • PHP 7.4.5
  • Percona Server Ver 8.0.19-10
  • Laravel Framework 7.6.2

※CentOs8に Laravel のインストールはこちら
※CentOs8 に Percona Server のインストールはこちら

構成

テストデータの作成やフロントへの表示までの手順は長いので後述してます。

テーブル名 : employees

テストデータ

モデル名 : app/Employee.php
コントローラー名 : app/Http/Controllers/EmployeeController.php

全データ取得

all()やget()を利用すると全データが取得可能です。

実行結果

指定したIDだけ取得

Laravelではカラム「id」を利用していることが前提なので、下記のコードでid 1,5のデータだけ取得することが可能です

実行結果

Where句を利用して取得

下記のようにwhere句を利用して取得することも可能です。
ここではidが3以下のデータだけを取得してます。

実行結果

andも可能です。

実行結果

orだと下記になります。

実行結果

likeだと下記になります。

実行結果

Betweenだと下記になります。

実行結果

特定カラムのみ取得

特定のカラムだけを取得することも可能です。
ここでは、カラム「’id’, ‘code’, ‘name’, ‘role’」のみを取得してます。

実行結果

asも利用できます。

実行結果


下記からは、テストデータの作成方法とフロントへの反映の手順となります。

テストデータ作成

「Faker」を利用してテストデータを作成します。手順は簡易的に記述します。

app/Employee.phpを編集

sample/database/migrations/xxxx_create_employees_table.php 編集

マイグレーションを実行します。

seeder作成

database/seeds/EmployeeSeeder.php 編集

seeder実行

フロント側作成

コントローラー作成

app/Http/Controllers/EmployeeController.php 編集

resources/views/layout.blade.php 作成(共通レイアウト)

resources/views/employee/index.blade.php 作成

routes/web.php 下記1行追加

実行