SourceTreeでcloneからpushまでを実行する

SourceTreeでcloneからpushまでを実行する

gitのGUIクライアントSourceTreeをwindowsにインストールするまでの手順を掲載してます。

環境

  • OS windows10 pro
  • git 2.30.1
  • SourceTree 3.4.3

gitコマンド

ここでは以下と同じことをSourceTreeを使って行います。

clone実行

gitlab上にある以下のリポジトリをcloneします。

cloneタブをクリックして、必要な情報を入力して「クローン」ボタンをクリックします。

以下の画面が表示されます。

エクスプローラーを開くをクリックすると「.git」フォルダが作成されていることが確認できます。

このフォルダ内に「README.md」ファイルを以下の内容で作成しておきます。

add実行

「ファイルステータス」から「全てインデックスに追加」をクリックして、addを行います。

「README.md」が「add」されたことが確認できます。

commit実行

アプリの株にある「コメント欄」にコメントを入力して「コミット」ボタンをクリックします。

コミットされました。

Historyからも確認することが可能です。

push実行

pushを行うには画面上部にある「プッシュ」をクリックします。

問題なければ「プッシュ」ボタンをクリックします。

これでpushが完了しました。

gitlab上にも「README.md」が存在することが確認できます。