Windows10 Apacheにオレオレ証明書を適応してSSL通信を行う

Windows10 Apacheにオレオレ証明書を適応してSSL通信を行う

Windows10にインストールしたApacheにオレオレ証明書を適応してSSL通信を行うまでの手順を記述してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Apache 2.4.43

apacheインストール場所

以下の場所にインストールしてます。

秘密鍵生成

生成する場所は、基本的にどこに生成してもいいですが設定ファイルに記述されているデフォルトに従って記述できるようにしてます。

コマンドプロンプトを管理者で立ち上げて、以下のコマンドで秘密鍵を生成します。

公開鍵作成

以下のコマンドを実行して公開鍵を作成します。

オレオレ証明書作成

以下のコマンドを実行して、オレオレ証明書を作成します。

エラーとなるので、秘密鍵のパスフレーズを解除しておきます。

apache編集

C:\Apache24\confにある「httpd.conf」を以下の箇所のコメントアウトを外します。

次にC:\Apache24\conf\extraにある「httpd-ssl.conf」を編集します。

後はサービスから「Apache2.4」を再起動します。

オレオレ証明書なので、警告がでますがアクセスは可能となります。