CentOS8 PostgreSQL 12をインスールする

CentOS8 PostgreSQL 12をインスールする

centos8にPostgreSQL 12をインスールする手順を記述してます。リポジトリを追加してインストールします。

環境

  • OS  CentOS Linux release 8.0.1905 (Core)

リポジトリ追加

PostgreSQLのリポジトリを追加します。

追加したリポジトリを確認します。

PostgreSQL 12インストール

元々あるPostgreSQLモジュールを無効にしておきます。

インストールします。

起動と自動起動を設定しておきます。

ステータスを確認します。

failedになってました。原因は初期化してなかったためです。下記のコマンドで初期化します。

再度確認します。今度はエラーがなく起動されていることが確認できます。

ユーザー作成

postgresでログインして、ユーザーを作成します。

今度は、さきほど作成したユーザーでログインできるか確認してみます。

pg_hba.confを変更していなかったので、認証方式でエラーが発生しました。

認証方式を変更します。まずはバックアップを取ります。

pg_hba.confの内の「ident → md5」 に変更します。

再起動します。

ログインできるようになってことが確認できます。

postgresql.conf ・firewall設定

外部から接続する場合は、firewallを設定しておきます。

postgresql.confも設定しておきます。

pg_hba.confも編集します。ここではローカルネットワークからのみアクセスできるように編集してます。

再起動して、設定を反映させておきます。

※CentOS8 pgAdmin4をインストールする手順はこちら