CentOs8に MeteorをインストールしてHello Worldまでしてみる

CentOs8に MeteorをインストールしてHello Worldまでしてみる

Meteorの導入からHello Worldまでの手順

環境

  • OS  CentOS Linux release 8.0.1905 (Core)
  • node V10.16.3
  • npm 6.9.0
  • Meteor  1.8.1

※centos8にnodeのインストール手順はこちら

Meteorとは

Node.jsのWEBフレームワークであり、SPA(Single Page Application)が比較的容易に実装できる

Meteorのインストール

curlコマンドでインストール

プロジェクトの作成

createコマンドを使用してプロジェクトを作成する

Firewall設定

外部からアクセスできるようにfirewallを設定します

起動

とりあえず、起動してみる

ブラウザよりhttp://プライベートIP:3000にアクセスすると下記の画面が表示されます。

Hello Worldしてみる

client/main.html を編集

ブラウザよりhttp://プライベートIP:3000にアクセスすると「Hello World!」と表示されます。

Meteorのサンプルプログラムを動かしてみる

サンプルプログラム一覧は下記のコマンドで確認できる

サンプルプログラム clockを動作させてみる

ブラウザよりhttp://プライベートIP:3000にアクセスすると「clock」サンプルプログラムが確認できます。