php 文字列を置換する「str_replace」と「strtr」と「preg_replace」のパフォーマンスを計測する

php 文字列を置換する「str_replace」と「strtr」と「preg_replace」のパフォーマンスを計測する

phpで、文字列を置換する「str_replace」と「strtr」と「preg_replace」のパフォーマンスを計測するサンプルコードを記述してます。phpのバージョンは8.0です。

環境

  • OS  CentOS Stream release 8
  • php 8.0.0
  • nginx 1.14.1

実行時間計測

microtimeを使用すれば、処理にかかった時間を計測することが可能です。

$startTime = microtime(true);

// 処理を記述

$time = microtime(true) - $startTime; // 処理にかかった時間(ミリ秒)

以下は、「str_replace」と「strtr」と「preg_replace」を使用して、文字列を置換するコードを1000万回実行して、パフォーマンスを計測するサンプルコードとなります。

<?php

// 1000万回実行
define('COUNT', 10000000);

// 計測開始
$startTime = microtime(true);

// 文字列を用意
$str = 'mebee';

for ($i = 0; $i < COUNT; ++$i) {
    $result1 = str_replace('e', 'a', $str);
}

result($startTime, 'str_replace');

// 計測開始
$startTime = microtime(true);

for ($i = 0; $i < COUNT; ++$i) {
    $result2 = strtr($str ,'e', 'a');
}

result($startTime, 'strtr');

// 計測開始
$startTime = microtime(true);

for ($i = 0; $i < COUNT; ++$i) {
    $result3 = preg_replace('/e/', 'a', $str);
}

result($startTime, 'preg_replace');

function result($time, $str)
{
    echo '測定結果 : ' . $str . PHP_EOL;
    // 表示は少数第5桁まで
    echo "process time: " . number_format((microtime(true) - $time), 5) . ' ミリ秒' . PHP_EOL;
    echo PHP_EOL;
}

実行結果

[1回目] 
測定結果 : str_replace
process time: 4.39701 ミリ秒

測定結果 : strtr
process time: 3.44025 ミリ秒

測定結果 : preg_replace
process time: 8.30267 ミリ秒

[2回目] 
測定結果 : str_replace
process time: 4.24386 ミリ秒

測定結果 : strtr
process time: 3.51744 ミリ秒

測定結果 : preg_replace
process time: 9.02591 ミリ秒

[3回目] 
測定結果 : str_replace
process time: 4.47994 ミリ秒

測定結果 : strtr
process time: 3.73809 ミリ秒

測定結果 : preg_replace
process time: 9.41015 ミリ秒

「strtr」が一番パフォーマンスは、良い結果となりました。