go言語 関数の引数の数を可変にする

go言語 関数の引数の数を可変にする

go言語で、可変な引数を使用できる関数のサンプルコードを記述してます。go言語のバージョンは1.15.4を使用してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • go言語 1.15.4

可変引数使い方

go言語では、引数の数を可変にしても使用すること可能です。

以下は、可変な引数を使用して、1~10までの数値型の合計値を出力するサンプルコードとなります。

以下のようにスライスを使用して記述することも可能です。