AlmaLinuxにmemcachedをインストールする

AlmaLinuxにmemcachedをインストールする

メモリ上にデータを保存することができる分散型メモリーキャッシュシステム「memcached」をAlmaLinuxにインストールする手順を記述してます。

環境

  • OS  AlmaLinux 8.3

事前準備

libmemcachedモジュールが必要なので事前にインストールしておきます。

memcachedインストール

dnfで、インストールを行います。

詳細情報は下記のコマンドで確認できます。

memcached設定

リモート環境から利用する際には「 /etc/sysconfig/memcached 」の設定を変更する必要があります。

設定ファイルを変更したら、memcached を再起動すると反映します。

Firewall設定

firewallが設定されていればポート許可を設定しておきます。

memcached起動

memcachedを起動します。

OS再起動時に、自動起動させる場合は、以下も実行しておきます。

PHPで利用

phpで利用するためには、「php-pecl-memcache」モジュールをインストールします。

「extension=memcache.so」が追加されたかは、設定ファイルから確認できます。