SourceTreeを使ってスタッシュを実行する

SourceTreeを使ってスタッシュを実行する

gitのGUIクライアントSourceTreeを使ってスタッシュを実行するまでの手順を掲載してます。

環境

  • OS windows10 pro
  • git 2.30.1
  • SourceTree 3.4.3

スタッシュ実行

コミットされていない変更をスタッシュして一時退避します。

赤枠の「スタッシュ」をクリックします。

メッセージが必要であれば、メッセージを入力します。

スタッシュに追加されたことが確認できます。

スタッシュから戻す

スタッシュから戻す場合は、対象を右クリックして「適用」をクリックします。

警告がでますが問題なければ「OK」をクリックします。

これでスタッシュは元に戻ります。

gitコマンドで実行

スタッシュへの追加は、「git stash save “{メッセージ}”」コマンドでも、同じことができます。

実行結果

また、スタッシュを戻す場合は、以下のコマンドで可能です。

実行結果