Active Directoryで外部のNTPサーバを使用する

Active Directoryで外部のNTPサーバを使用する

ADサーバーの時刻を外部のNTPサーバと同期させる手順を記述してます。

環境

  • OS Windows Server 2012

現状確認

以下のコマンドで現状確認を確認できます。

自分の環境では、Hyper-V上にADがあったので、ホストのマシンと同期されてました。

※sourceだけ確認する場合は、以下で可能です。

逆に更に詳細を見たい場合はオプション「/verbose」を利用します。

外部のNTPサーバ利用

自分の環境はホストのマシンと同期されていたので、まずは解除します。

総合サービスより時刻の同期をOFFにします。

チェックを外して適応ボタンを押下します。

もう一度、実行すると内蔵時計の「Local CMOS Clock」に変わっていることが確認できます。

これを指定したntpサーバー「ntp.nict.jp」に変更するにはコマンドプロンプトから以下を実行します。

/manualpeerlistに関しては、以下となります。

0x8 : RFC1305に準拠した同期
0x9 : 一定の間隔で同期を行う

/syncfromflagsオプションに関しては、manualで手動設定となります。

再起動

時刻同期の行います。

これでNTPサーバと時刻同期させることができます。

PowerShellで行う

powershellでもNTPサーバと時刻同期させることが可能です。

ntpサーバーを指定

再起動

時刻同期の行います。

ステータス確認