javascript sessionStorageの簡単な使い方

javascript sessionStorageの簡単な使い方

javascriptで、データをブラウザ上に一時的に保存できるsessionStorageの簡単な使い方を記述してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Apache 2.4.43
  • ブラウザ chrome 84.0.4147.105

sessionStorage使い方

まずは、sessionStorageが使用できるブラウザを判定します。

次に、setItemメソッドを使用して、sessionStorageに値を保存してみます。構文は以下となります。

json形式のデータを保存。sessionStorageへの保存期間はブラウザを開いてる間のみとなります。

保存されたデータは、Developer ToolsのApplicationタグより確認することが可能です。

setItemは、以下のように記述しても同じです。

次に、getItemメソッドを使用して、保存したsessionStorageのデータを取得してconsoleに表示してみます。

さきほど作成したlocalStorageから取得します。

Consoleに表示されていることが確認できます。

キーを削除する場合は、removeItemを使用します。

全て削除する場合は、clearメソッドを使用します。