C# ラムダ式の簡単な使い方

C# ラムダ式の簡単な使い方

C#でdelegateをより簡潔に利用できるラムダ式の簡単な使い方を記述してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Microsoft Visual Studio Community 2019 Version 16.7.1

基本的な使い方

ラムダ式を使用すると、delegete宣言を省略することができ、なおかつ処理が1行の場合、returnすらも省略することができます。

以下のコードは、定義済みデリゲートである「Action」と「Func」と「ラムダ式」を使用したサンプルとなります。

Action : 戻り値なしで使用
Func : 戻り値ありで使用

実行結果