Aptana Studio起動時にエラー「Failed to load the JNI shared library ~jvm.dll」が発生した場合の対処法

Aptana Studio起動時にエラー「Failed to load the JNI shared library ~jvm.dll」が発生した場合の対処法

Aptana Studioを起動したら「Failed to load the JNI shared library ~jvm.dll」が発生して起動できなかったので、その際の対処法を記述してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Aptana Studio 3.7.2

エラー全文

起動時に発生。

※自分の環境ではAdoptopenJDKを利用してます。
Windows10 AdoptOpenJDKをインストールしてjavaを利用する手順はこちら

対処法

32bit版のjdkに変更することにより、正常に起動することができました。

こちらのサイトより、JDK8の32bitをダウンロードしてインストールします。

ダウンロードします。
※ダウンロードするにはoracleのアカウントが必要です。

ダウンロードした「jdk-8u251-windows-i586.exe」を実行します。

インストーラーが起動するので、指示に従ってインストールします。

自分の場合は「C:\Program Files (x86)\Java\jdk1.8.0_251」にインストールされたので、次は、aptana studioの方の設定を変更します。

aptana studioがあるフォルダに移動して「AptanaStudio3.ini」を開きます。

「AptanaStudio3.ini」 に下記を 「-vmargs」より前に 追加します。

編集後の「AptanaStudio3.ini」 は下記となります。

これで、再度起動すると正常に起動するようになりました。