CentOs8 AdoptOpenJDK14をインストールする手順

CentOs8 AdoptOpenJDK14をインストールする手順

CentOs8に、商用利用が可能な コミュニティにより提供されている「OpenJDK」のバイナリ「AdoptOpenJDK」の「 AdoptOpenJDK14」をインストールする手順を記述してます。バージョンを指定してインストールすることも可能です。

環境

  • OS CentOS Linux release 8.0.1905 (Core)

レポジトリ登録

AdoptOpenJDK用のリポジトリを登録します。

下記の内容で編集します。

リスト確認

インストール可能なリストを確認します。

AdoptOpenJDK14インストール

最新バージョンの14をインストールします。

バージョンを確認します。

実行ファイルのフルパスを確認

利用したいjavaのバージョンを変更する場合は下記となります。

14を利用する場合は、1を入力して「ENTER」キーを押下して下さい。