CentOs7.7 PostgreSQL12をインストールする

CentOs7.7 PostgreSQL12をインストールする

CentOs7.7にpostgreSQL12をインストールする手順となります。けっこうはまりましたが、無事インストールできました。

環境

  • CentOS Linux release 7.7.1908 (Core)
  • PostgreSQL 12.2

リポジトリの追加

リポジトリを追加します。

バージョンの確認をしておきます。

PostgreSQL12インストール

postgresSQLをインストールします。

起動設定を行います。

データベースクラスタ作成

データベースのファイルが作成される場所を指定しておきます。ここではpdataとディレクトリに作成してます。

設定ファイルの再読込を行います。

initdbコマンドでデータベースクラスタを作成します。

postgreSQLのファイルやディレクトリが作成されていることを確認します。

最後にPATHを追加します。

反映させます。

PostgreSQL起動

postgreSQLを起動します。

下記のエラーが発生してしまいました。

色々、試行錯誤しましたが結局OS再起動で治りました。

認証方式設定

postgreSQLの認証の設定を行います。

外部接続許可

PostgreSQLはデフォルトではリモート接続できないので、設定を変更

ついでにログの形式とバッファサイズを指定しておきます。

再起動して設定を反映させる

ユーザー作成

ユーザーを作成してみます。

作成したユーザーでログインしてみます。

成功したので、外部からの接続テストを行います。

firewall設定

外部接続テスト

ここでDBeaverを使ってテストしてます。

必要情報を入力します。

テスト接続をクリックすると接続が成功したことが確認できます。