preact環境を構築して実行してみる

preact環境を構築して実行してみる

軽量のreact.jsである、preactをubuntu環境に構築して起動するまでの手順を記述してます。

環境

  • ubuntu 20.04.1
  • node 10.19.0
  • npm 1614.4

プロジェクト作成

ここでは「npx preact-cli」でプロジェクトを作成してます。

※preact-projectという名前でプロジェクトを作成してます。
 defaultはテンプレートとなります。

公式テンプレートは「Material」と「Simple」と「Netlify CMS」があります。

preact起動

作成してプロジェクトに移動して起動します。

ブラウザから http://プライベートIP or サーバーアドレス:8080 にアクセスします。

「/preact-project/src/routes/home」にある「index.js」を編集して、
「Hello World」を表示してみます。

「Hello World」が表示されます。

ビルドは以下のコマンドで可能です。

buildディレクトリが作成されます。

ちなみにMaterialテンプレートを使用した場合のデフォルトの画面は以下となります。